20cmの身長差を埋める!フローターシュートは習得出来る!!

 

  

 

んにちは!

メディカルトレーナーのまさゆきです!

 

 

 

 


今日も

低身長の選手でもバスケの試合で活躍できる

ノウハウをお伝えしていきたいと思います!

 

 

 

今日のテーマは、

『フローターシュート』です。

 

 

 

 


フローターシュートと言うと

確率が悪いという理由で打つ人があまりおらず

 

 

 

チームによってはコーチに打つなと

言われる所もあるくらいです。

 

 

 

 

 

 

しかしもっと広い視野でバスケを見て行くと、フローターは確率が悪いから打つな

 

という考えはもうかなり古いです。

 

 

f:id:masayuki-marb-0840:20180710165111j:plain

 

現在千葉JETSで活躍している日本代表の

富樫勇樹選手は、

 

小学校4年の時にバスケのコーチである父にフローターシュートを教わり、

 


試合でも多用しています

 

 

 

 


身長167cmながら

平均身長が200cmを越えるNBAでのプレーも経験している彼のフローターは、

 

 

身長差を埋めるための技の1つです。

 

 

 

 

 

 

富樫選手を間近で見たことがある人ならわかると思いますが、本当に小さいです!笑

 

 

 

よくバスケット選手は身長を盛ってると

いいますが、本当にそんな感じでした。

 

 

 

恐らく私が見た感じだと、165cmもあるか

どうかというくらいです。

 

 

 

NBAの平均身長は200cm前後なので、

平均と35cmも差がある中でプレーしていた

という事実が衝撃的ですよね!

 

 

 

彼のフローターシュートの動画をあげておく

ので、まずはフローターシュートの形を

焼きつけましょう!

 

 

 

youtu.be

 

 

そもそもフローターシュートとは

足はレイアップのリズムで、手はオーバーハンドで

 


スナップを利かせて上に押し出すシュートの事です。

 

 

 

 


素早く、しかも上から打てるので、

ブロックされる確率が格段に減ります

 

 

 

デメリットとしては、

ゴールから遠い距離でレイアップとは違う形で打つので、コントロールが難しいことです。

 

 

 

しかしフローターシュートが1つの技として

使えるようになれば、ペイントエリアでの攻撃として

 

 

 

大きな武器となります!!

 

 

 

f:id:masayuki-marb-0840:20180624214237j:plain

 

 

 

フローターシュートを試合で決めるノウハウ

 


・高く安定して飛ぶこと

・片手でボールを操れること

・迷わずに打つこと

 


です!

 

 

 

まずは形が大事なので、

フローターが上手い選手と同じように

打つ事を意識しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

フローターシュートの練習

 

 

 

フローターシュートがなぜ打ってはいけないと言われるのかというと、

 

練習していないのに試合で打つからです!

 

 

 

しっかり練習していれば、試合でも入ります。

 

 

 

レイアップの踏み切りで、

はじめは近い位地から練習しましょう。

 

 

 

片手、片足でうつイメージです。

 

 

 

練習する時の意識として

 

そのままゴールを狙うのか、ボードに当てて決めるのかはっきりしておきましょう!

 


私のオススメは、ボードを使う事です。

 

 

 

レイアップは下からすくいあげるので、

ジャンプ力と細かい回転などが必要ですが、

 


フローターはジャンプシュートのように

打てるので、そっちの方がコントロール

しやすいと言う人もいます!

 

 

 

 

 

youtu.be

 

この動画はステファンカリーの試合前アップの映像です。

 

 

彼も試合でフローターシュート

ティアドロップシュートなど難易度の高いと

言われるシュートを多用しますが、

 

抜群の安定力で決まります。

 

 

 

その秘密として、この練習です。

 

 

 

近いシュートから始まり、

中距離のシュート

3ポイントラインの外のシュート

 


全てをルーティーン通り練習してから試合に出ます。

 

 

 

 


感覚をつかむという意味で、

毎日おこなった方が良いですね!

 

 

 

 


ぜひ体格差で悩んでいる人は、

この動画を見て明日の練習での

イメージにしてみてください!!

 

 

 

 


あなたの活躍を期待しています!!