新学期気持ちよくスタートダッシュをきるためにやっておくべき事

 

こんにちは!まさゆきです!

 

元号が「令和」に決定し、

新年度もここからスタート!

もうすでにスタートしている

チームもあるみたいですね!



 

昨年度を自分の目線で振り返って

みてどんな一年でしたか?

 

 

たくさんの事にチャレンジ出来た

と考える人も入れば、

やり残した事があるという人も

たくさんいると思います。

 

色んな考えはありますが、

今がスタートラインという事は

みんな変わりありません!

 

 

1つの区切りとして、

ここからさらにレベルアップ

していきたいですよね!

 

 

 

そんな新年度を成功させたいと

思っている選手に向けて、

 

完璧なスタートダッシュをきる

ために今できる事

伝授していきたいと思います。

 

f:id:masayuki-marb-0840:20190402182440j:plain

なぜスタートダッシュが必要なのかというと

この区切りをきっかけとして

どのチームの選手も気合いを入れてきます。

 

 

そんな中で

一人だけ気合いも入らず普段通り

取り組んでいる選手は置いて

行かれます。

 

 

追い抜かれてから気合いが入って

もう手遅れになるかもしれ

ません。

 

 

そうならないために、

みんなより大きくスタート

ダッシュをきって良い波に乗る

必要があります。

 

 

あるデータによると

シーズンの序盤でつまずいた

プロチームが長いシーズンを

勝ちきって優勝する確率は

ほぼ0に近い数値です。

 

チームでの勝利を掴むためにも、

あなた自身から変わって

いきましょう!

 

 

スタートダッシュを成功させる

方法は大きく分けると2つ。

 

f:id:masayuki-marb-0840:20190402182801j:plain

 

 

⒈目標を設定する

 

ここで言う目標はただシンプルに

「大会で勝ちたい」

という目標を立てても意味はないです!

 

結局なんとなく取り組んで

何も変えられないままになって

しまいます。

 

私がオススメする目標の立て方は

〈近い目標〉と〈遠い目標〉

を立てる事です。

 

例えば

〈近い目標〉

・5月までに試合で15得点決める

・1ヶ月以内にベンチプレス

90キロあげる

・毎日ハンドリング&シューティングを習慣付ける

・1ヶ月以内に先輩に1対1で勝つ

 

〈遠い目標〉

・監督から信頼される

・後輩達に尊敬される

・チームで一番速い選手になる

 

こんな感じです!

 

 

できるだけ具体的に数値を入れて

期限までしっかり決める事で

 

時間がたった時に目標に対する

自分の進行度がわかります。

 

期限に達した時にまた振り返ら

れるようにメモなどに書いて

おくと良いですね!

 

f:id:masayuki-marb-0840:20190402182956j:plain

 

⒉環境を1つでも変える

 

どういう事かと言うと、

新年度と言う良い区切りがあって

「これから頑張るぞ!」

と言う気持ちにはなっても、

 

今までの自分と特に変わった動き

がないと

「あれ?いつも通りだな」

となってしまい、

 

一年たった頃に

「結局今年も変われなかった…」

という風に空回りしてしまいます。

 

 

空回りせずにこの区切りを

しっかり活かしていくために、

1つでも良いので自分の

アクションを変えてみましょう!

 

例えば

・毎日ドリブル練習するために

自由練習の時間にチームメイトと

一緒に取り組む。

・体をしっかり作るために

お母さんにお願いして毎日

晩ごはんは肉と野菜を食べる。

 

こんな感じに変えて行けると良いです!

 

この2つを変えるだけでも

今までの自分とは違う事に

取り組めるので伸びしろに

変えていく事が出来ます。

 

 

なんとなく新年度を迎えるのと

しっかりスタートダッシュをきる

のとでは一年後の成長は大きく

変わります。

 

一年後後悔しないために

今できる事を取り組みましょう!

 

f:id:masayuki-marb-0840:20190402183023j:plain

 

低身長選手に向けた

バスケット指導資料

「IDEA OF SMALL GIANT」

をアンケートに答えてくださった

選手にプレゼントしています!

 

資料が欲しい!という方は

下の友達追加ボタンから

公式LINE@を友達追加し、

アンケートに答えてください!↓
友だち追加

 

 

最後まで読んでくださり

ありがとうございました!