『プロフィール』

じめまして!

 


メディカルトレーナーのまさゆきです!

 

 

 

私がバスケットボールを本格的に始めたのは中学校1年の時です。

 

 


運動部に入って運動能力が上がって、異性にモテたい!

そんな理由で入部しました。

 


 

しかし、

私が入ったのはバスケット初心者がほとんど、

大会に出場しても1回戦敗退が当たり前、、、

 

 

 

 

という``超‘‘がつく弱小チームでした。

 

 

 

ただ私が入学したのと同時に指導者としてすごく実力のあるコーチが入り、

そのコーチと一緒に私も副部長としてチームを引っ張って

 


 

県大会出場をつかみ取るほどにチームを成長させることができました! 

 

 

異性にモテる事ができたかはさておき

 


 

超弱小チームを県大会出場まで導くことができた という自信がついた私は、

 

高校は県大会でもある程度勝ち上がれるチームを選択し、進学しました 

 

 

高校でもレギュラーをすぐに獲得し、チームをさらに強くしてみせる!

 

そんな気持ちでいた私でしたが、

 

 

そこで``挫折‘‘を味わいます。。。

 

 

f:id:masayuki-marb-0840:20180624213959j:plain

  

 

中学→高校に上がると

体のサイズ、フィジカル、技術が格段にレベルが上がります。

 

 

 

 当時の私のステータスは、

 


  身長164cm、

  体重52㎏

  50m走7.5秒

  ベンチプレスMaxで40㎏

  握力25㎏

 


とサイズ、フィジカル、身体能力共に高校のレベルではかなり低い方でした。

それでも、中学校でチームを県大会まで導いたこのスキルがあれば、

サイズの差なんて関係ないと自信をもっていました。

 

 

 

しかし高校のレベルでは、

 


  初めて体感するレベルのフィジカルで吹き飛ばされる。。。

 

 

 

 サイズ差によるプレッシャーでまともにシュートも打てない。。。

 

 

 

 上手くかわしても、上からブロックされてしまう。。。

 

 

 

 

 そして同じ代の同級生がどんどん起用されていく。。。

 


 

自分の能力がいかに低いかを思い知らされました。

 

 

 

そんな焦りから、

 


先輩の代わりに出場した試合でミスを連発し、

厳しい先輩に「お前が出るとチームに穴ができる。」

トドメの言葉をもらいました。

 

 

 

サイズが劣ってるだけでどうしてこんな思いをしなきゃならないんだ!

それならビックマンにも負けないフィジカルをつけてやる!

 


と考え無理な筋トレをした結果、怪我を負い、

レギュラー争いから外れることに。。

 


 

 

どんどん上がるレベルについていけない悔しさと、

 


何より中学では通用した自分のスキルが全く通じない悲しさで、

 


メンタルかなりをやられました。

 


一時は大好きだったバスケ部を続けるか本気で悩みました。

 

 

 


そんなある時、

その日も試合に出れずに応援していると相手チームに、

 


自分と同じくらいの身長、体もそんなにゴツイ訳ではない選手がスタメンで出場していました。

 

 


その選手はチームの起点となりたくさん指示を飛ばし、

 


大男たちを面白い様にかわして得点を決めていきました。

 

 

 

小さくてフィジカルのない選手は活躍できない。そう思っていたものが、

 

 

 

 

 


すべてひっくり返されました。

 

 

f:id:masayuki-marb-0840:20180624214237j:plain

 

 

その体のサイズにビビることなく自分のプレーを貫く姿に衝撃を受け、

どんな動きをしているのか、どこを見て判断しているのかなど

 


ひたすら観察しました。

 

 


そして、

 

 

『自分もあんな風にチームの中心として活躍する選手になりたい。』

 

『どうにか今の自分を変えて希望を取り戻したい!!』

 

 


そう強く思いました。

 

 

 


その日から、

変わるためにどうしたら良いかを考えに考え、

 

監督や先輩に話を聞いてみたり、色んな文献を読んでみて、試してみたり。

 

 


毎日残って練習し、

バスケが上手くなるために出来る事は何でも恥じずに取り組んみました。

 


その結果、

自分が足りないものはこんな事で、

こんな練習をした方が良いんじゃないか。

 


と、ある規則性に気が付きました。

 


練習試合の時にその規則性を試してみたところ、その試合では

ミスをすることなく、シュートまで何度もたどり着けました。

 


なにか、大事な感覚をつかんだようでした。

 

 

その後も、その時の感覚を信じてプレーしてみました。

 

はじめはすぐに成果が出ずにまたミスをしてしまう事もありましたが、

懲りずに信じて取り組み続けるとミスも徐々に減っていき、

 


練習で大きい先輩が立ち向かってきてもビビる事なくプレー出来るようになりました。

 


自分でも実感できるほどに、上達してきてる!

この調子でガンガン突き進んでやる!

 


いつもの調子が戻ってきました。

 


 

段々とチームの一部として力になれる様になってきた私は、

先輩の最後の大会で、シックスマンとして出させてもらい、

 


『ミスをせずに自信を持ってプレーしました。』

 


厳しく当たってくれた先輩にも、

「お前のおかげでチームがまわっていたよ。」

 そう言ってもらえたのです。

 


吹っ切れた私は、自分達の代になってからは全試合スタメンで出場し、

目標にしたあの選手のように

高校でもチームを引っ張れる存在になれました。

 

 


私が感覚をつかむために取り組んだ『いくつかの事』によって、

 


気になっていたフィジカル、身体能力の低さ、低身長も不安ではなくなる程にカバー出来るようになりました。

 

 

 

最終的には自分達の代になった頃には、

チームの中心として勝利に貢献し、

同期や後輩達にアドバイスをする立場として牽引していけるほどになりました!!

 

 

f:id:masayuki-marb-0840:20180624214444j:plain

 

今ではトレーナーとして、バスケに関わらず色んなアスリートをサポートする活動をしています。

 

 

特別に、身体能力が高いわけではありませんが、

自分より身体能力やサイズが上の選手に勝つ術を〝知っている″事がそこまで成長出来た秘訣です。

 

 


なので私と同じように、

低身長や身体能力の低さで悩んでいる人には

 

 


戦う術を知って、いくつかのポイントをおさえてプレーする。

それだけでこれほど上達するんだ

と言うのを 本気で 実感してもらいたいと考えています。

 

 


このブログでこれから、

私が実際に見違えるほどに上達した方法を全て、伝えていきたいと思います。

 


〝バスケは身長だけじゃない〟を私と一緒に証明しましょう!!!